タグ:ポーランド ( 16 ) タグの人気記事

2年ぶりのイベント♪

新年あけましておめでとうございます☆
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

うれしいお知らせがあります☆
2月25~27日に広島の友達の素敵なお店のUsagiya salonでポーランドのイベントをやらせてもらうことになりした(*^^*) 2年ぶりのイベントなので、とても嬉しくてウキウキしています♪
たくさんかわいいポーランドの雑貨が並びます。大人&子供のフエルトシューズ、
キッチンクロス、天使の木彫り、ボレスワヴィエツ陶器のマグネット、手刺繍のリネンクロス、ポーランドの琥珀のアクセサリーなど☆など☆
ショパンの音楽に影響されたポーランドのフォルクローレをぜひ会いに来てください♪

☆ポーランドDAYS@Usagiya salon☆
2016年2月25(木)~27(土)
11時~18時
場所: Usagiya salon
広島県広島市中区鶴見町6-12
Tel. 050-1345-3055
email info@zakka-usagiya.com
フジグラン広島ショッピングセンターの横です

☆広電5号線「比治山橋」より徒歩10分
☆広島バス 23号線 、25号線、「宝町バス停」より徒歩3分
50号線「宝町北バス停」より徒歩1分
23-1号線「田中町バス停」より徒歩3分
☆広島電鉄バス 13号線「田中町バス停」より徒歩3分
12号線「富士見町バス停」より徒歩7分
a0200338_17114466.jpg
a0200338_17142664.jpg

[PR]
by sklepik | 2016-01-07 17:19 | お知らせ

Wielkanoc (ヴェルカノツ)

いよいよ明日はイースター(Wielkanoc、ヴェルカノツ)ですね☆
ポーランドの家族と友達からイースターカードが届きました♪ その中のお気に入りのウォヴィッチ地方のフォルクローレのカードを紹介したいです(*^^*) カードの表紙と中の絵が少し違います☆ 表紙の絵は聖土曜日、中の絵はイースターの日曜日の習慣を表しています。
聖土曜日(Wielka Sobota、ヴィエルカ・ソボタ)に家族でバスケットの中にイースターエッグやパンなどを入れて教会へ持って行きます♪教会で神父さんに食べ物を祝福してもらって、翌日のイースターの朝のミサの後で他の料理を食べる前に、祝福された食べ物を食べます。カードの中の絵はイースターの朝を現しています。
日本で食べ物の祝福の習慣がないので、毎年ポーランドから持って来た聖水を使って自分で祝福をしています(o^^o)

友達からもらったカードに付いていた切手はポーランドのイースターエッグのpisanki(ピサンキ)の絵です☆ 地方によってピサンキのデザインが違います♪切手のピサンキはクルピェ地方(Kurpie)の伝統柄です。

復活祭が皆さんに平和と幸せと愛を導きますように☆彡
Wesołego Alleluja (ヴェソウェゴ・アッレルヤ)!
ハッピーアレルヤ!
Happy Alleluya!
a0200338_23585671.jpg
a0200338_23590955.jpg
a0200338_23592284.jpg





[PR]
by sklepik | 2015-04-05 00:07 | ポーランドの文化

Danusia (ダヌーシャ)

ポーランドのチョコレートバーのDanusia(ダヌーシャ)についてロマンチックなお話をしたいです☆

ポーランドでワルシャワのヴェデルの次の有名なチョコレートメーカーはクラコフのAdam Piasecki(アダム・ピャセツキ)です。ピャセツキは自分のチョコレートのブランドの名前にクラコフのシンボルのWawel城(ヴァヴェル)にしました。ポーランドの元の首都クラコフにあるヴァヴェル城はポーランド人にとって大切な場所です☆ポーランドが世界地図が消えた時に、ポーランド人にとってヴァヴェル城は自由と独立のシンボルで勇気を与える大事な場所でした。

1920年頃にピャセツキは自分のチョコレートの工場で働いている従業員に恋をして、彼女のために特別なチョコレートバーを作りました。このチョコレートバーに彼女の名前のDanusia(ダヌーシャ)を付けました♪ 1923年~1957年までダヌーシャのチョコレートバーの紙に彼女の似顔絵も描いてありました(o^^o) 
1957年からダヌーシャのチョコレートバーの紙のデザインが何回も変わりましたが、現在までダヌーシャのチョコレートの味はずっと同じで秘密のレシピに作られています☆
私もポーランドの実家に帰る時に必ず懐かしいダヌーシャのチョコレートバーを買って食べています(*^^*)
a0200338_00264429.jpg
a0200338_00223402.jpg






[PR]
by sklepik | 2015-02-15 00:25 | ポーランドの料理

Walentynki (ヴァレンティンキ)

Szczęśliwych Walentynek (シチェンシリビフ・ヴァレンティネック) = ハッピー・バレンタインデー

ポーランドは日本と逆でバレンタインデーに男性は好きな女性をレストランに誘って、赤いバラとプレゼントを渡します♪最近カップルは互いにバレンタインのプレゼントを交換することが多いです。
実は、もっともポーランドでバレンタインデーの習慣がありませんでした。ベルリン壁が崩れた1989年からポーランドでアメリカの文化が入ったので、バレンタインデーのお祝いは1990年代から始まりました。

写真は私の好きなポーランドのフォルクローレの画家のZofia Stryjenska(ゾフィア・スティリエンスカ)の絵です♪上はクラコフ地方のカップル、下はクヤビ地方のカップルのえです。

ポーランド語のミニレッスン:
Kocham cię (コハム・チェン) =
愛しています
Miłość (ミヴォシチ) = 愛
Serce (セルツェ) = 心
a0200338_00524692.jpg
a0200338_00525741.jpg






[PR]
by sklepik | 2015-02-14 00:42 | ポーランドの文化

Radosnych Świąt! メリークリスマス!

Radosnych Świąt!☆彡
(ラドスニフ・シフィオントゥ)
メリークリスマス!☆彡
Niech pokój, miłość i radość bedą
 zawsze Waszym udziałem☆
(ニェフ・ポクユ・ミヴォシチ・ラドシチ・ベンドム・ザフシェ・バシム・ウジャヴェム)
平和と愛と幸せがあなたにいつももたらされますように☆


クリスマスイブの1日は来年の鏡となります。今日起こったことやしたことは来年にも起こるとポーランドで言われてます☆だから、今日は来年にしたいことや起こって欲しいことをしなくちゃ(^O^)/
クリスマスイブの他の伝統は、朝からクリスマスディナーまでお腹を空かしていること☆夜の多いポーランドの12種類の料理をを食べるために、小さな朝ごはんをだけ食べて、夜まで我慢しています。12種類の料理は12人の使徒と12か月のシンボルです。新年が幸せなるように、全部を食べないといけないです(o^^o)
a0200338_11045641.jpg







[PR]
by sklepik | 2014-12-24 11:03 | ポーランドの文化

クリスマスツリー&リース

ポーランドは日本と違って、クリスマスツリーの飾り付けは24日の前日や当日にしています。クリスマスの飾りは新年の飾りと一緒ですから、リスマスツリーは2月まで飾っておきます。写真は私のポーランドの実家のクリスマスツリーです(*^^*) クリスマスツリーのチェーンは子供の頃にお父さんと兄妹と作ったので、大切な宝物です♪
a0200338_23251878.jpg
実は、ポーランドでクリスマスリースをドアに飾るの伝統がないです。リースはクリスマスのテーブルの真ん中に置いて、クリスマスディナーが始まる前にキャンドルに火を付けたら、まずは家族と聖書を読んで、お祈りして、opłatek (オプワテク)を互いに分けて食べてから、クリスマスディナーが始まります♪ディナーは12種類の肉なし料理を食べます☆私もポーランドのお母さんから送ってもらったオプワテクを自分でつくクリスマスリースの横に置いて、明日(クリスマスイブ)に旦那と分けて食べます(*^^*)

ちなみにポーランドでリースはお葬式やお墓の飾りなので、日本と違います。6月に女性たらは頭に花のリースを被る伝統がありますが、この話しはまた春にします(o^^o)

ポーランド語のミニレッスン:
Święta Bożego Narodzenia (シフィエンタ・ボジェゴ・ナロゼニァ) = クリスマス
choinka (ホインカ) = クリスマスツリー
wianek bożonarodzeniowy (ヴィアネック・ボジョナロゼニォヴィ)=クリスマスリース
a0200338_23260754.jpg
a0200338_23270239.jpg








[PR]
by sklepik | 2014-12-23 23:23 | ポーランドの文化

ポーランドのクリスマスカード

ポーランドの家族や友達と毎年クリスマスカードを互いに送ってます☆ 伝統のクリスマスカードの絵は聖書のシーンです。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんのイエス様の前にお祈りしている聖母マリアと聖ヨゼフの絵です。クリスマスカードの絵を見ながら、暖かいメッセージを読んでいて、実際に家族に会ったような気持ちになります(*^^*) 
ちなみに、ポーランド語でメリークリスマスはWesołych Świąt (ヴェソウィフ・シュビォント)です。
毎年郵便局もクリスマス限定の切手を販売します☆彡 今年のクリスマスの切手は東方三博士と聖家族です。切手の下に書いてあるのBoże Narodzenie (ボジェ・ナロゼニェ)はポーランド語でクリスマスの意味です。POLSKA (ポルスカ)はポーランドの意味です(^O^)
a0200338_23281664.jpg
a0200338_23282877.jpg
a0200338_23285197.jpg




[PR]
by sklepik | 2014-12-16 23:27 | ポーランドの文化

Mikołajki (ミコワイキ)

今日は12月6日と言うことでポーランドでMikołajki(ミコワイキ)の日です。ミコワイキはサンダークロスの伝説の元になった人物の聖ミコワイの日です。
実は、ポーランドの子供たらはサンダークロスから2回プレゼントをもらってます!1回目は12月6日の聖ミコワイの日、2回目は12月24日のクリスマスイブです(^O^) もらうの幸せだけじゃなくて、あげることのすばらしさが分かるようにミコワイキの時に学校でクラスの中で学生はお互いにプレゼント交換の習慣があります。
12月24日にプレゼントを探すのはクリスマスツリーの下ですが、6日の朝は枕の下です(o^^o) 子供の頃にプレゼントをもらうのはとっても楽しみにしていたので、自分の枕の下にプレゼントがもう置いてあるかどうか夜中から朝まで何回も枕の下にチェックしていました(*^^*) 気付かずに両親は枕の下にプレゼントを置くのはけっこう大変でした(笑)

※ 写真はポーランドの古いハガキです☆
a0200338_21044576.jpg








[PR]
by sklepik | 2014-12-06 21:01 | ポーランドの文化

Tłusty czwartek

来週の木曜日の2月27日はポーランドでTłusty czwartekという祭りがあります。
Tłusty czwartek (トゥスティ チュワルテク) ポーランド語で"脂の木曜日"の意味です。キリスト教の四旬節の前の木曜日です。毎年、復活祭の日にちによって、"脂の木曜日"の日にちも変わります。Tłusty czwartekの伝統は数百年の歴史があります。

キリスト教で復活祭の46日前(四旬とは40日のことでありますが、日曜日を除いて  40日を数えるので46日前からとなります)の水曜日(灰の水曜日)から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間です。復活祭の喜びをもっと深く感じるように、四旬節中はパーティ、踊りや食べすぎることなど禁止なので、四旬節の断食が始まる前に、脂の木曜日にたくさん美味しい甘いものを食べて、断食の最後まで幸せに過ごすように伝統の祭りです。一番人気の甘いものはポーランドのドーナツのPączek(ポンチェク)です。丸くてイーストパン生地の中にジャムが入っています。昔、ポンチェクの中身は脂肪や肉でしたが、16世紀から中身は甘くなりました。
ポーランドの伝統では、たくさんポンチェクを食べないと、将来は幸せになれません。その日はポンチェクの他に様々なケーキやクッキーなども食べてます。私も家族と一緒に一日中50個のPączekを食べたことがあります。カロリーが高いですが、四旬節を乗り越えるためなので、必要ですね (^0^)
a0200338_18571948.jpg
a0200338_1858673.jpg

[PR]
by sklepik | 2014-02-23 19:05 | ポーランドの文化

メリークリスマス

Wesołych Świąt Bożego Narodzenia
(ヴェソウィフ シュビョント ボジェゴ ナロジェニァ)
ポーランド語でメリークリスマス☆

ポーランドのブログをいつも見てくれてありがとうございます!
皆様のご健康と幸せをいつも祈っています☆
これからもよろしくお願いたします♪
a0200338_2115576.jpg
日本ではクリスマスが終わって、お正月の準備が始まりましたが、ポーランドではクリスマスがまだ続いています。クリスマスツリーやクリスマスの飾りはあと一か月家で飾ってあります。それからカトリック教会のミサでクリスマスキャロルがミサの時に歌い続けられます。国民の90パーセント以上がカトリック信者なので、クリスマスとイースターはポーランドの最大のお祭りです。
[PR]
by sklepik | 2012-12-26 21:20 | ポーランドの文化