タグ:ポーランドの料理 ( 11 ) タグの人気記事

Danusia (ダヌーシャ)

ポーランドのチョコレートバーのDanusia(ダヌーシャ)についてロマンチックなお話をしたいです☆

ポーランドでワルシャワのヴェデルの次の有名なチョコレートメーカーはクラコフのAdam Piasecki(アダム・ピャセツキ)です。ピャセツキは自分のチョコレートのブランドの名前にクラコフのシンボルのWawel城(ヴァヴェル)にしました。ポーランドの元の首都クラコフにあるヴァヴェル城はポーランド人にとって大切な場所です☆ポーランドが世界地図が消えた時に、ポーランド人にとってヴァヴェル城は自由と独立のシンボルで勇気を与える大事な場所でした。

1920年頃にピャセツキは自分のチョコレートの工場で働いている従業員に恋をして、彼女のために特別なチョコレートバーを作りました。このチョコレートバーに彼女の名前のDanusia(ダヌーシャ)を付けました♪ 1923年~1957年までダヌーシャのチョコレートバーの紙に彼女の似顔絵も描いてありました(o^^o) 
1957年からダヌーシャのチョコレートバーの紙のデザインが何回も変わりましたが、現在までダヌーシャのチョコレートの味はずっと同じで秘密のレシピに作られています☆
私もポーランドの実家に帰る時に必ず懐かしいダヌーシャのチョコレートバーを買って食べています(*^^*)
a0200338_00264429.jpg
a0200338_00223402.jpg






[PR]
by sklepik | 2015-02-15 00:25 | ポーランドの料理

Michaszki(ミハシィキ)

ハノイ国際空港の免税店でまた素敵な発見がありました\(^o^)/ 日本で手に入らないMichaszki(ミハシィキ)と言うダークチョコでコーティングされたピーナッツ入りの伝統チョコレートです(o^^o) ミハシィキの意味はポーランドの男の子のかわいい名前です♪ そしてミハシィキを作っている会社のMieszko(ミエシュコ)の意味はポーランド王国ピァスト朝の創始者で事実上の初代ポーランド王です。
私にとって懐かしいチョコです。
ポーランドのチョコが東南アジアに広がって、とってもうれしいです!
a0200338_23302043.jpg







[PR]
by sklepik | 2015-02-12 23:29 | ポーランドの料理

Czekolada Wedla (チェコラーダ・ヴェドラ)

今週の土曜日はバレンタインデーですね♡ どんなお店でもいろんなチョコレートが販売してまいますが、私の地元のスーパーでとってもうれしい発見がありました(*^^*) 様々なバレンタインチョコの中で何とポーランドの有名なWedel(ヴェデル)チョコレートのミルクとラズベリーの2種類をゲットしました\(^o^)/1851年に Karol Ernest Wedel (カロル・エルネスト・ヴェデル)によってワルシャワで創業をしたブランドチョコレートはポーランドの最も伝統的で、最も美味しいチョコレートです☆ヴェデルはポーランドで初めてチョコレートを作った会社で、中央ヨーロッパと東ヨーロッパのほとんどの地域で販売しました♪ 
このチョコレートは私の子供の頃の味なので、大好きなチョコレートと再会はとっても嬉しかったです(o^^o) 販売はバレンタイン限定で、思わず10枚を買ってしまいました(笑)皆様の地元のスーパーでヴェデルのチョコレートが売っているかもしれないので探してみてくださいね☆

ポーランド語のミニレッスン
czekolada (チェコラーダ) = チョコレート
czekolada mleczna (チェコラーダ・ムレチュナ) = ミルクチョコレート
słodki (スウォディキ) = 甘い
a0200338_22475155.jpg








[PR]
by sklepik | 2015-02-09 22:40 | ポーランドの料理

Śliwka Nałęczowska (シリフカ・ナウェンチョフスカ)

カルディでポーランド人が昔から愛されているスイーツŚliwka Nałęczowska (シリフカ・ナウェンチョフスカ)を見つけました☆ チョコレートをカバーにした丸ごとのプルーンはけっこう大きくて食べるのは二口が必要です(o^^o) 程よい甘酸っぱさのプルーンと甘いチョコレートはとっても美味しい組み合わせです。紅茶やコーヒーにぴったり♪ ポーランド人は酸っぱい味が大好きですね♡

ポーランド語のミニレッスン:
Śliwka (シリフカ)= 梅 
czekolada (チェコラーダ)=チョコレート
a0200338_22243560.jpg
a0200338_22254590.jpg






[PR]
by sklepik | 2014-12-22 22:23 | ポーランドの料理

マシュランカ&ポーランドのマグカップ

友達に教えてもらって、家で作れるケフィアヨーグルトのセットを買いました。実は、このケフィアヨーグルトの甘酸っぱい味とドロドロの食感はポーランドのMaślanka (マシュランカ)そっくりでびっくりしました! 24時間がかかった発酵時間が終わった後で、フタを開けたら、マシュランカの懐かしい香りが広げて、思わず大きな声で「わ〜♪」と嬉しく叫びました\(^o^)/ 作り立てのまだ少し暖かいマシュランカの味は柔らかくて口の中で解けてます☆ ポーランドのボレスワビェツ食器に入れたら、さらに興奮度アップ!o(^▽^)o 
実は、ポーランド人はこの形のマグカップで紅茶やコーヒーじゃなくて、マシュランカを飲んでます♪ 昔、ポーランドの農民たちが使った伝統形のマグカップです。マグカップでマシュランカを飲むのは大久しぶりでわくわく感がとまらない〜♡

a0200338_19542320.jpg





[PR]
by sklepik | 2014-12-07 19:53 | ポーランドの文化

Wielkanoc (ビィルカノツ)

皆様

今日はポーランドや他のヨーロッパの国などは復活祭(イースター)ですから、皆様にポーランド語でイースターのお祝いをしたいと思います。

Chrystus zmartwychwstal! Alleluja! Wesołych Świąt Wielkanocnych(フリストゥス・ズマルトゥフィスタウ!アレルヤ!ヴェソウィフ・シフィヨントゥ・ビィルカノツニフ)=ポーランド語でキリストは復活された。アレルヤ!ハッピーイースター

朝のミサの後で、家でŻurek (ジュレック)というのポーランドのイースタースープを食べました。ジュレックはライ麦を発酵した酸っぱくて美味しいスープです。中には白いソーセージとゆで卵が入ってます。卵は新しい命のシンボルとしてイースターの復活を表しますので、pisanki (ピサヌキ、ポーランド語でイースターエッグ)だけではなくて、ジュレックの中でも食べています。写真は私の手作りのジュレックです。
a0200338_22223934.jpg
4月に2つのイベントに出ます。

① 習字教室 うさぎの手習いのオープニングイベント

4月6日(土)~4月9日(火)
13:00~18:00 ※最終日16:30まで
8日と9日にポーランドのウォヴィッチ地方の民族衣装を着てイベントに出る予定ですので、ぜひ観に来てくださいね☆

広島市中区東千田町2丁目13-18-103 (木村兄弟雑貨店さんのお隣)
★広電バス21-1番、50番 御幸橋バス停より徒歩2分
★広電 1番、3番 御幸橋電停より徒歩2分

習字教室 うさぎの手習いのオープニングイベントとして5人の作家さんたちが素敵な作品を販売します。お花見がてら遊びにいらしてください♪

*ハンドメイド布雑貨 3びきのこぶた
*手作り額 森原明良
*日常のうつわ販売 ぽれぽれ工房
*ポーランドの伝統の手作り雑貨 SKLEPIK
*さをり織り小物と耳つぼジュエリー たけちようこ。

うさぎの手習いのブログはhttp://yukarikakikata.blog27.fc2.com/
お問い合わせは 090-1333-6076 木村ゆかり まで
a0200338_22261778.jpg

② Atelier vol.4
* Marche *【入場無料】
4月13日(土曜日) 11:00~20:00
4月14日(日曜日) 11:00~18:00
2日間ずっと、ポーランドのウォヴィッチ地方の民族衣装を着てAtelierに出る予定ですので、ぜひ観に来てくださいね☆

m's GROWN (広島市中区中町2-22 B1F)
★八丁堀電停・バス停より徒歩7分
Atelierのブログはhttp://ameblo.jp/gem120602
a0200338_22251588.jpg

[PR]
by sklepik | 2013-03-31 22:31 | ポーランドの文化

Słodki Słony (スウォトキー スウォヌィ)

Słodki Słony (スウォトキー スウォヌィ)
ul. Mokotowska 45
00-551 Warszawa (ワルシャワー・ポーランド) 地図
営業時間 11:00~18:00 定休日 無休
禁煙
a0200338_2244425.jpg
Słodki Słony (スウォトキー スウォヌィ) は15年前にオープンしたとてもゴージャスなワルシャワーのカフェです。
ポーランド語でSłodki(スウォトキー)は甘い、 Słony( スウォヌィ)は塩味の意味なので、カフェで甘いデザートやしょっぱい料理の両方の味を楽しめます。入口の甘いお菓子の絵が道行く人たちを魅了して、お店の中に呼び込んでいます。中に入るとちょっとアンティークっぽくてかわいいインテリアが広がっています。ポーランドの昔の貴族の家ような壁紙と庶民の家で使われているリースはとても素敵で、ここでなら、普通の日も特別な日に変わってしまいそうです。豊かなメニューの中で特にいろんなポーランドのクリスマスとイ―スターケーキがおすすめです。ポーランドの伝統のデザートを味わいたい方は、ワルシャワーにいる時にぜひSłodki Słonyに訪ねてくださいね♪
a0200338_2317433.jpg
冬のイベントを計画してます。
12月12日(水)~12月19日(水)
広島市舟入のハミングバードカフェチョークアートのYuriちゃんとコラボイベント。
詳しい情報はまたお知らせします。

[PR]
by sklepik | 2012-10-15 23:47 | ポーランドのカフェ

Pierniki(ピェルニキ)

ポーランド人が愛してやまないPierniki(ピェルニキ)を紹介したいと思います。
Piernikiは14世紀にTorun(トルン)というポーランドの街で生れた伝統のお菓子です。そのレシピは14世紀から変わることなく、秘密にされてきましたが、. 甘くてスパイシーな味の秘密はポーランドの蜂蜜です。長い時間、外に置くと固くなりますが、腐らないので、昔からクリスマスツリーの飾りとしても使われています。プレ-ン、チョコレートのコーティング、ジャム入り、ハートの形など、様々な種類があります。Pierniki(ピェルニキ)は文学作品の中や他のさまざまな芸術において賞賛されてきました。そしてまた、Torun(トルン)市から、たくさんの芸術家・ポーランド社会において重要なリーダーたちへの贈り物として昔から使われてきました。過去には王様への贈り物としても献上されました。Piernikiについては、いろんな伝説があります。そのなかでも一番有名なのはPiernikiのレシピは蜂の女王が若いお菓職人のBogumilへのプレゼントとして贈ったといものです。

ショパンもPiernikiの味を愛しました。彼がTorun市を訪れた際、友人のJan Matuszyńskiへの手紙の中でpiernikiの味を誉めたそうです。実際彼はワルシャワに住んでいた彼の家族や友達にも、Piernikiを贈ったそうです。
私にとってPiernikiの甘い香りはクリスマスの味です。子供の頃、お母さんが見てない時にクリスマスツリーに飾られたPiernikiを黙って取って、食べていました。ポーランドに帰ったときには必ずPiernikiを食べます。

ところで、Piernikiの写真で使われている器は私がよくイベントに出しているBoleslawiecのポーランドの有名な陶器です。それと、うれしい情報があります。BSプレミアムで"恋する雑貨"という番組が10月15日の午後11時15分からあります。「ポーリシュポタリー」の特集です。番組放送時間は少し遅いですがBoleslawiecの陶器の作り方や歴史などいろんな情報が盛りだくさん。時 間がありましたら、ぜひ見てみてくださいね☆ 撮影はポーランドのヴロツワフ市なので、ポーランドの街の雰囲気を感じられますよ♪私もとってもわくわくしています♡
12月10日には「ポーランドのフォークロア雑貨」を特集するそうです。
a0200338_0315774.jpg
冬のイベントを計画してます。
12月12日(水)~12月19日(水)
広島市舟入のハミングバードカフェチョークアートのYuriちゃんとコラボイベント。
詳しい情報はまたお知らせします。

[PR]
by sklepik | 2012-10-15 00:41 | ポーランドの料理

Prima Aprilis

毎日暖かくなって、確かに春を感じるようになりました。
桜のきれいな姿を楽しみにですね♪

今日は4月1日なので、ポーランドでPrima Aprilis (プリマアプリリス)の日です。
朝から夜まで大人も子供もお互いに優しいイタズラをします(o^-^o) とても面白い祭りです。 それから、来週4月8日(日)はイースターなので、心も春の気分になりました。今週はイースター料理をがんばります☆ 
写真はポーランドの伝統料理pierogi (ピェロギ、ポーランド風のギョーザ)です。
a0200338_0344983.jpg

[PR]
by sklepik | 2012-04-01 00:41 | ポーランドの文化

Bigos (ビゴス)

a0200338_22254765.jpg
最近日本の天気が寒くなって、暖かい料理で体を暖めないと完全に風邪を引いてしまいますね。実は冬の時期でポーランドで温度は-30度までに下がります!さむい~
でもでもBigos (ビゴス)を食べれば、寒さに負けないです^^
ザワークラウト(酢漬けキャベツ)、キャベツ、豚肉、牛肉、ソーセイジ、マッシュルームなど栄養たっぷりの料理です。肉がいっぱい入っているので完全に体が温まります!
3日ぐらい煮込んだり、その後しばらく外気で冷やしたりして、ザワークラウトの味を他の材料に交じあわせて作ります。すっぱくて美味しい、パンにぴったり(^o^)
私も寒い時に日本で作っています♪
[PR]
by sklepik | 2011-01-23 22:28 | ポーランドの料理